高学歴な僧侶が派遣された時の話

葬式に僧侶派遣サービスを依頼した時、とても高学歴なお坊さんが来てくれる場合があるでしょう。
お坊さんというとただでさえ博識なイメージをお持ちの方もきっと多いはずですが、
ロボット工学について詳しくご存知のお坊さんは、きっと世の中にはそれほど多くはないでしょう。
確かにここ最近の世界各国のロボット工学のレベルは、一昔前に比べてはるかに
上昇してきたことは事実です。
現に世界各国の技術者たちはより良いものを創造するためにロボット工学に
力を入れているはずですし、その結果我々の生活にもかなりの役に立っているのです。
僧侶派遣でやってきたお坊さんとの世間話の間、現代における日本のロボット工学のレベルが
一体どのくらいなのかという疑問を持った方もきっと多いのではないでしょうか。

ロボット工学の発展が頸椎症治療につながる!?

頚椎症は首や肩、腕などの痛みやしびれを引き起こします。
ただ、その症状が軽いからといって頸椎症治療することを放っておくと大変なことになります。
症状が悪化すると足にも痛みやしびれが出始め、
最悪の場合だと歩行や排泄行為も困難になってしまうからです。
しかし、頚椎症は正しいアプローチの仕方で治療を行えば
手術に頼ることなく改善できる症状でもあります。
頚椎の骨や椎間板の変形などによって神経が圧迫されることで頚椎症が発症するのですが、
首や肩・腕などの筋肉の強い緊張によっても引き起こされるのです。
ロボット工学の発展が進めば、歩行など人の動きを助けるような
優れたパワーアシスト機器が開発されることになります。
そうすれば、頚椎症の方も筋肉を過度に緊張させることなく
頸椎症治療を行うことができるはずです。

ロボット工学博士の友人が電話占いにはまっているらしい

昔は、占い師に占ってもらうためには、占い師のところまで出かける必要がありました。
しかし、現在は、電話で占ってもらうことができます。
電話占いは、自宅にいながら質の高い占い師に占ってもらえるので、
非常に人気が高いサービスです。
ブースなどでの占いと違って、長い時間待つこともなく、時間の節約になります。
電話占いは、主婦や学生、ロボット工学博士など、様々な人が利用しています。
占いは、西洋占い、東洋占い、タロット占いなど、様々な種類があります。
一般的な電話占いは、まず、占い師を選択して予約を入れます。
そして、予約の時間がきたら、電話が直接占い師につながります。
その後は、占ってもらいたい内容を話して占ってもらいます。

レンタルオフィス・登記可能なところを探す

ロボットといえば最近は定期的にニュースになっている長崎のハウステンボスにある、
ロボットが対応するホテルが気になります。
確かシューイチで中山さんが訪れていたような記憶がありますが、
あいさつ&会話をするペッパー君?がいたのと、部屋まで荷物を運ぶロボットなど
よくこんなに集められたな、と感心して見ていました。
いまレンタルオフィスで登記可能なところを探しているのですが、
終わったらハウステンボスのサイトをチェックしてみます。

ペッパー君が看板を・・。

仕事で展示会に行く機会があるのですが、最近ブースにペッパー君を置いている企業をみます。
後ろに看板背負ってたりして、可愛かったです。
看板やディスプレイが動くのは当然のようにありますが、
はやりロボットがやっているというのは目新しい事なので、足を止めてしまいますね。
今はペッパー君しか見ていませんが、近いうちにお客様に愛される可愛いロボットたちが
企業の看板を背負って店先に立つ時代がくるのかも。

ドローンで工事?道路や信号機修理に水道工事まで?!

「世界各地の研究機関が目を向けているのが、ドローンを始めとしたロボットの活用」
という記事を読みました。
英国大学(リーズ大学)に研究機関があり、都市のインフラに問題が起きた際に、
資材を運び、そのまま自分たちで修復してしまうというもの。
近い未来にには自動飛行する産業用ドローンたちが事故で破損した信号や、
破裂した水道管の水道工事、地下にもぐり電線用の土管で
電気工事をしている姿がみれるのかもしれません。

ドローンで、売る側のamazonのfbaがさらに活性化。

2015年はドローン元年といわれ、ドローンに関するニュースが良くも悪くも世間を席巻しました。
中でも、もっとも期待されているドローンサービスの荷物の運搬。
昨今の超高齢化社会に、長引く不況によるスーパーの閉店で買い物難民が生まれ、
それを救済できるのでは?といわれています。
ただ、まだ重量の問題と操縦、受け取り側の設備等の数々の問題があるので、
今後の展開を見守る状況となっています。
amazonがとくにドローンによる運搬に勢力を入れていますが、
もしamazonによるドローンが本格かされたら、
売る側のamazonのfbaがさらに活性化するでしょうね。
amazonまだまだ末恐ろしい。

流体解析のことまではわかりませんが

東京大学でロボット工学を学んでいるG君が
同じ学科の友人を連れて遊びにくることになったので、
ゆっくり話を聞きたいのもあり、我が家にご招待しました。
ちょうどロボット工学に興味のある料理上手の友人も呼び出し、
ちょっとした食事会にしました。
土曜日の昼間から楽しい話で盛り上がったのですが、
さすが東大生はアルゴリズムだの流体解析だのと
難しい言葉をどんどん繰り出してきます。
25%くらいは理解できませんでした(笑)。

工業高校、黒板よりホワイトボードのイメージ。

工業を舞台にしたドラマやら映画やらが流行ったことがありましたね。
工業高校やら、ついで農業高校も人気になるやと思ったら
そのまま沈静化したような気もします。
一工業高校卒業生としては、すこしばかり寂しい思いです。
工業高校って、ちょっとグループで説明する時とか黒板ではなく、
ホワイトボードのイメージがありますが私だけでしょうか。
ポンッと説明しながら蓋を取り、キュキュキュッと数式をかいて、
ペン先と反対でコンコンっと強調するみたいな。
まあ、私の学校は時代もありますが、全教室めちゃくちゃ黒板でしたけど。
まあ、とりあえず工業はカッコイイんですよ、と応援しています。

うる肌になれる美容液とサプリのおすすめの組み合わせってないかな?

肌に帯状毛穴っていうのかしら、
毛穴がたるんでスジの様になってしまう状態が私のもっぱらの悩みです。
水分不足なんかが関係しているみたいだけど、あんまり思う様に改善してくれなくて、
毎日鏡をみてはため息。
美容液サプリおすすめの健康食品、、、数打ちゃその内当たるかな、
なんてなんでも試してみています。
ロボット工学が進歩して、日本でも最近アンドロイドの女性が話題になっていたりしますけど、
あそこまでつるつるとは言わないけど、もう少しうるっとした肌になりたいな。

基盤修理とアルミホイール修理は次元が違うと思っている

上司の子供が学校でロボットを作っているらしい。
高校生のロボットコンテストに出場するべく、毎日研究を重ねているのだそうだ。
仕事だけでなく家庭でも、コンピューターやロボットと接する機会は多いけれど、
実際どのようにしてそれらが動いているかというのは理解できていない。
例えば車だと、塗装のハゲを治したり、
アルミホイールを修理したりという外側の事は想像がついても、
中の基盤やエンジン等の修理については想像が及ばない。
そういった部分を理解し、創造出来るという事が無条件で尊敬に値すると思っている。

一度システム収納の足元にもぐりこんで行方不明になったことも(笑)

ルンバを購入しました。
台所の足マットに絡まって遭難したりするのも愛きょうの内、
かいがいしく働いてくれる我が家のかわいいお手伝いさんです。
それにしても、決まった時間にお掃除スタート、
システム収納やテーブル等の障害物を避けて家中を掃除して
自分で充電機まで戻るなんて、本当におりこうです。
今や掃除機の枠を超えて、我が家の家族に仲間入りする勢いです。
ルンバが来てからというもの、がぜんロボット工学に興味が湧いてきました。

ペッパー君が骨董として古物市場にならぶ時代もくるのでしょうか

ソフトバンクのペッパー君が話題になってしばらく経ちますね。
人型ロボットもいよいよ身近になってきたという事でしょうか。
ロボットと言えば、一昔前は人工知能が人に敵対して
社会が混乱するという様な映画が流行しましたが、
その最たるものがターミネーターではないでしょうか。
ターミネーターといえば、最新作が公開されましたね。
ロボットを演じるシュワルツェネッガーさんは人間なのでどうしても加齢はありますが、
やはりターミネーターと言えば彼しかいません。
今度の週末、古物市場の帰りにでも映画を見ようかと画策しています。

吉祥寺の賃貸物件を探す理由

東京大学のロボット研究をしている友人が今度大学の近くから
吉祥寺の賃貸へ越したいと相談がありました。
なんでまた吉祥寺?と思ってよくよく話を聞いてみると、
同じゼミの仲間が吉祥寺に住んでおり、その近くで探したいとのことでした。
自分が過去に吉祥寺に住んでいたことを話したことがあるので頼ってきたんでしょうね。
だいぶ街の雰囲気も変わってきたところがあるので、
昔みたいに安い賃貸があるのかが不安ですが、協力しようと思っています。

給湯器はロボット化されるのか?

最近ロボット工学の話をよくうかがうため、
何をみてもロボット化できないか妄想してしまいます(笑)。
おそらくほとんどの電化製品はいずれすべてロボット化しそうな予感がしますが、
その順番を予測するのが楽しいんですよね。
給湯器はお湯の温度の調整や、家の中のコントロールが必要な部分もありますので、
比較的早めにロボット化されるような気がします。
みなさんはどう思いますか?
アンケート調査をしてみて、順位を発表したいな~と考えています。

ロボット同士の交通事故で専門家現れる未来?

「外出時の歩行を支援 介護ロボット製品化」国の支援を受けて初めて製品化されるそうです。
テクノロジー市場で介護やヘルスケア分野は日本のみならず、
世界が熱い注目が注がれていると聞いたので、こういうニュースが出てくるのは嬉しいですね。
とはいえ、今後介護ロボットが一般的になるころには、
ロボットのトラブル、例えば交通事故だったり、使用中のトラブルでケガをしたりしたとき。
やはりトラブル解決の為に24時間かけつけるロボットの専門修理工や、
ロボット同士の交通事故専門の弁護士という職業の方が未来には活躍するのかも。
問題の処理にはまだまだ人間の経験と技術が必要のようですね。

ピアノ教室を渋谷で探してる学生が

よく行くバーのアルバイトのバーテン君は
東京大学でロボット工学を学んでいることを知りました。
まさか行きつけのバーにお目当ての若者がいるなんて、
ちょっと嬉しくなっていろいろ聞いてしまいましたが、
今度ご飯を御馳走してさらに話を聞くことにしました。
その代わりといってはなんですが、彼はピアノ教室を渋谷で探しているらしいので、
知人を紹介することに。
お互いの趣味に協力ができていいご縁ができたと思います。

井之頭病院に勤務しながら

知人は井之頭病院に勤務しているのですが、趣味でロボット工学を学んでいます。
周りに東京大学でロボット工学を学んでいる学生が多くいるらしく、
課外活動を通して知識と技術を深めているそうです。
ロボット工学というのはロボットに関連した学問ですが、
機械工学や計測制御工学、生体工学などを寄せ集めた分野から発展して現在に至ります。
病院勤務の知人は本当は工学部に進学したかったらしいのですが、
将来のことを考えて医学部にしたとのこと。
好きなことを仕事にするかどうかは難しいところですね。