ロボット同士の交通事故で専門家現れる未来?

「外出時の歩行を支援 介護ロボット製品化」国の支援を受けて初めて製品化されるそうです。
テクノロジー市場で介護やヘルスケア分野は日本のみならず、
世界が熱い注目が注がれていると聞いたので、こういうニュースが出てくるのは嬉しいですね。
とはいえ、今後介護ロボットが一般的になるころには、
ロボットのトラブル、例えば交通事故だったり、使用中のトラブルでケガをしたりしたとき。
やはりトラブル解決の為に24時間かけつけるロボットの専門修理工や、
ロボット同士の交通事故専門の弁護士という職業の方が未来には活躍するのかも。
問題の処理にはまだまだ人間の経験と技術が必要のようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です