ロボット工学の発展が頸椎症治療につながる!?

頚椎症は首や肩、腕などの痛みやしびれを引き起こします。
ただ、その症状が軽いからといって頸椎症治療することを放っておくと大変なことになります。
症状が悪化すると足にも痛みやしびれが出始め、
最悪の場合だと歩行や排泄行為も困難になってしまうからです。
しかし、頚椎症は正しいアプローチの仕方で治療を行えば
手術に頼ることなく改善できる症状でもあります。
頚椎の骨や椎間板の変形などによって神経が圧迫されることで頚椎症が発症するのですが、
首や肩・腕などの筋肉の強い緊張によっても引き起こされるのです。
ロボット工学の発展が進めば、歩行など人の動きを助けるような
優れたパワーアシスト機器が開発されることになります。
そうすれば、頚椎症の方も筋肉を過度に緊張させることなく
頸椎症治療を行うことができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です